No One else Comes Close.

 昔、録音したMDの山をみつけた。
 ラベルが書いていないので、何がなんだか分からない。仕方がないので、暇にまかせて片っ端から聞いてみる事にした。
 パソコンに向かい、溜まりに溜まったメールの返信をしながら、傍らのコンポから流れてくる音楽に耳を澄ます。
 もうすっかり忘れていた、懐かしい音楽が次々と流れてくる。

 ……これは、大学の卒コンで、みんなでカラオケした奴だ。
 ……これは、バイト先でよくかかってた。
 これ、あの時大好きだったんだよな……

 洋楽からJ-POP、果てはクラシックからヒーリングまで、本当によく集めたものだ。
 最近は仕事に追われ、自宅で音楽を聞くこともなくなっていた。

 懐かしさに頬が緩むのを感じながら、聞き終わったMDに簡単なラベルを貼り付けていく。
 そうしながら新しいMDをセットし、曲が流れ出したところで手が止まった。

 ……これは。
 静かな、ゆったりとしたメロディー。
 甘いヴォーカル。
 ……あぁ。
 瞳を閉じ、体の奥かわ湧き上がる震えに吐息を漏らす。

 ……忘れてない。忘れてないよ。
 あぁ、こんなにはっきり思い出せるというのに――!

 深夜のクラブ、ステージの上の君。
 このヴォーカルにも負けず劣らずの、甘い掠れた声で歌っていた。
「絶対、来てよ。すげぇ自信ある。あんたに聞いてもらいたいんだ」
 大学時代。大教室の一番後ろの席で渡されたフライヤー。
 記された時間を見て眉をひそめた俺に、君は真剣な眼差しで語った。
「俺の歌、聴いたら惚れるよ?」

 まったく。
 君の言うとおりだった。
 深夜2時、大都会の地下に響き渡った歌声は、俺の心をがっちりと掴んでしまった。
 歌い終わった君は拍手の中、俺を見つけてにっこり笑った。
 その後、一緒にビールを飲みながら、
「あれ、誰の歌?」
 と聞いた俺に流し目を寄越した。
「……元々は外人の歌。気に入った?」
「うん、すごく良い曲だね。CD、持ってる?」
「あるけど、教えない」
 生意気な口調に少しムッとした俺ににやりと笑いかける。
「聞きたいなら、俺がいくらでも歌ってあげるよ。だから、俺のナマ歌きけよ」
 本当に、何度でも歌ってくれた。
 聞きたいとせがんだ回数分、歌ってくれた。
 歌っている間中、俺から視線を外さなかった。
 君の部屋で夜中に歌ってもらいながら、俺だけのための歌声だと思ったら、体中が震えたよ。

 あれから、三年。
 たまたまラジオから流れた曲を、とっさにMDに落とした。
 そのまましまいこんで忘れていた。

 ……いいよね。
 だって君は、もう俺だけのためには歌ってくれないから。

 メロディーとともに強烈に蘇った想いに、リピートボタンを押していた。

Fin