Silent Lover 3

柔らかく入り口はほぐれ、けれど今日はまだ一番いいところを触ってあげていない。前立腺での快楽を覚えている翔の身体は、触ってくれとねだるように腰をうごめかせた。
翔の淫らな身体をなだめるように腰骨の上に口づけると、それすらも快感になるのか翔は鼻から甘い息を漏らし、頭を枕にこすりつけた。そのまま腰骨の上の薄い皮膚を軽く吸い上げて痕を残しながら、翔のナカをゆっくりとかき回す。けっして指先が前立腺に触れないように注意しながら。
翔に、可愛い声でおねだりしてもらいたいんだよな。
頭の中でそんなことを考えながら、翔の腸壁を内部から丹念に愛撫すると、翔が焦れたように俺の腕を掴んだ。半開きの唇から声にならない熱い息が漏れる。そして自分から腰を動かし、俺の指が自分のいいところに当たるようにした。
俺は指を動かすのを止めて翔を見下ろす。翔は俺と視線を合わせたまま、俺の指先に自分の前立腺をこすりつけるように腰を動かす。
「あ、ぁ……っ、ぁ、……っ、ふぅ……っ」
ダイレクトにくる快楽に堪らない、というように翔は目を細め、細い高い声を漏らした。指先にあたる翔の前立腺は熱く熱を持っていて、まるで自慰を見せつけるように翔は腰を動かすのを止めない。
俺の手を使って自慰をしながら、翔は甘い声で啼いた。
「んん、……ん、……あ、」
先ほどからすっかり硬くなり、先端からとろりと蜜を溢れさせている翔の分身はいよいよ硬く起ち上がっている。それを眼下に眺めながら、俺はふいに翔のナカで前立腺を強く押し上げた。
「んんっーーーっ!!」
喉を逸らせ、背を浮かせて翔が悶える。
溢れる蜜は翔の先端から零れ落ちて滑らかな腹の上へ零れた。
翔の可愛い分身にキスをして咥えたい衝動を抑えながら、翔のナカにゆるゆると愛撫する。もっと、と更なる快感を強請るように腰が動いてしまう翔の淫らな痴態は、何よりも俺を興奮させた。
翔の甘い声で俺を求めて欲しくて、俺は翔のナカをかき混ぜ、前立腺に触れる。たっぷりと注いだローションがいやらしい水音を立て、俺はそれを翔に聞かせるようにわざと大きく指を動かした。
「……ふ、……あぁぁ………」
指を抜き差ししながら、翔のナカを広げるように指を開く。中に入り込む外気に翔の身体が震えた。
敏感すぎる翔の身体が愛しくてたまらなくて、俺はそのまま手首を回す。指先が翔の前立腺に触れ、そのままその上で線を引くように引っかいた。
「んぅーーっ」
翔は激しく身もだえ、また自分の分身に手を伸ばした。
もういきたくてたまらないのだろう。けれど俺はそれをとがめるように翔のナカから指を抜き取る。
急に快感を取り上げられた翔は、一瞬すがるような目で俺を見上げた。
俺はこうして、何度も何度も翔に教え込む。

俺としているときに、自分で触ったらだめだ。

自分で触ったら、気持ちがいいことをしてあげない。

Next

Silent Lover 3」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Silent Lover 2 | fresh orange

ただいまコメントは受け付けていません。