霜月の夜 5

「は……っん、ンっ」
 俺の体内に埋められた辻の指はいつのまにか本数を増して、苦しいほどにそこを広げている。まるで、これから辻を迎え入れようとするかのように。そして体内の敏感なしこりを容赦なく押し上げた。
「うんぅ……っ、いきたい、いきたい、辻、もう、出したい……っ」
 マグマのようにせり上がってくるくる欲望を開放したくて辻の名を呼んだのに、辻はまだ俺を許してくれなかった。根本を戒める手はそのままに、舌先で裏筋を辿り、張り出した部分をぐるりとなぞる。
「まだ、我慢できるでしょう?」
「あぁぁ」
 辻が次々と与える愛撫は甘くて、俺の体温を上げていく。中と前を同時に刺激されて、けれど出すことを禁じられたまま俺は縛られた両手で辻の頭を抱え、辻の口内に自分自身を突き立てた。
「ん、んっ、ふぅ……っ」
 頭の中でいくつも光が弾ける。全身を走る甘い刺激に身体中ぐずぐずになって、俺は夢中で腰を振った。
「あっ、あ、あっ……」
 もう今にも欲望は弾けそうなのに、辻の手はまだしっかりと根本を抑えていて、欲望はそこから先へ出ていくことを許されない。なのに内側から欲望の巣を刺激されて、俺は自分の体内に広がる毒のような甘さにどうしようもなく身悶えた。
「もう、もう……嫌だっ、辻っ、イかせて、イかせて、お願いっ……」
 何度目に頼んだ時だろう。
 すでに声は枯れて、辻の髪を掴んでいた手も力を失いつつあったころ。
 急に辻は俺の根元を抑えていた指をほどいて、中を強く押し上げた。
「あぁぁぁあああーーっ」
 言葉にならない悲鳴が漏れ、ずっとくすぶり続けていた欲望が勢いよく噴き出した。しかしすかさず辻が先端に口をつけ、出てきたそれを余さず口内で受け止める。中を押されることで帯を引くように甘く切ない刺激が残り、俺の分身からは勢いを失ったそれがいつまでもタラタラと溢れ、いつ終わるとも知れない長い絶頂が続いた。
 全身を硬直させるようにして辻の口の中に全てを吐き出し、出し終えた後も辻は管に残ったものを吸い出す様に先端を強く吸い上げてきた。
「んうぅ」
 最後に辻が俺の中から指を抜き頭を上げたときには、俺は完全に脱力して全身の力を抜き、呆然と辻を見上げた。
 辻は俺を見下ろしながら、口の中に溜めていた俺の吐き出したものをごくりと嚥下して見せた。
 その時になって、俺はようやく両腕を縛られて乱れた格好でたたみの上に転がる自分と、ほとんど衣服の乱れもない辻との差に気付き、いたたまれない思いで目を閉じた。

 両手を戒めていたネクタイをほどいてもらい、先走りと辻の唾液でぐちゃぐちゃに濡れた下着を脱がされて、それでも疲労の極みにある身体は横たわった畳の上から起きることができなかった。
 辻は寝室から持ってきた毛布で俺の身体をくるんで、頬に柔らかい口づけを落としてきた。
「無茶させて、すみませんでした」
「………酷かった。さっきのは」
 文句を言いたいことはたくさんあったけれど、それよりも気になる事があって、一応言ってみた。
「その……お前は、いいの?」
 俺は今日、辻の欲望に触れていない。辻だって、きっと、……出したいはずだ。
「……俺は、良いです。今日は」
「なんで。だって、お前のお祝いだろ」
 普段なら強引に自分から触りにいくところだけれど、今は疲れ切っていて、指一本動かす気になれなくて、でも少ししたら口でしてやろうかと思っていた。
「お祝いもご褒美も、たくさんもらいましたから。……絶景でした。久野さんの乱れた姿」
「……っ」
 横たわったまま辻を睨むと、辻は申し訳なさそうに笑って俺の目元に手を伸ばしてきた。
「泣かせてすみません。久野さんがあまりに可愛くて……色っぽかったので、つい」
「ついって」
 辻は俺の目元と頬を撫で、優しい目をして毛布越しに俺を抱きしめ、隣に転がった。
「……久野さん。好きです」
 辻の胸元に頭を抱え込まれて辻の顔は見えない。
 辻の声と鼓動だけが聞こえてくる。
 俺は何も言葉を返せないままに、目を閉じた。

師走